読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーちくぱーちく登り隊

のんびり関東近郊の山に登ったり、おしゃべりするブログです

鍋割山 みんな食べてる鍋焼きうどん

今回は、山友さんによんでもらい、初めてのお仲間に入れてもらって「鍋割山」へ行って来ました。

渋沢駅に集合ときいていましたが、さっさとバスに乗る人がいたり~時間ギリギリなのにどこかでのんびり食事中などなど個性的な方の集いのようです。

f:id:lucks555:20160421162602j:plain

小田急線「渋沢駅」から神奈川中央交通バスで「大倉」バス停へ

→西山林道→二俣→後沢乗越→鍋割山 へ単純往復するコースです。

 

f:id:lucks555:20160421164552j:plain

みんながそろうのを待って、挨拶そこそこにスタート。

お天気は曇天、肌寒い中歩き始めました。

 

ゆるやかな道を、おしゃべりしながら進み、何回か沢を渡ります。

 

f:id:lucks555:20160421164553j:plain

後沢乗越を超えると、やっと登りらしい登り坂に

 

この辺りから、このグループがバラバラになってどうやら各々のペースで進むようです。私は誘ってくれた友人とのんびり登っていきます。友人はちょっと苦しそう

見晴らしが良ければ、きれいな山並みや富士山が見えてきて、気持ちも上がってくるのでしょうが、この日はあいにくの曇り空で風景はさっぱりです。

それでも、やすみやすみ着実に登れば、次第に頂上に近づいていくのです。

 

f:id:lucks555:20160421164555j:plain

ここを登りきれば、ご存知「鍋焼きうどん」が待っている!

周りの景色が見えないその時、もはやモチベーションは「鍋焼きうどんが食べたい」につきます。

私たちとは逆に下ってくる人を見ると「この人たち、もう鍋焼きうどん食べたんだ」と息を切らしながら、うらめしく言い続ける友人・・・「この人も」「この人も」・・・

ふと私の頭の中に、「本当にみんな食べたのかなぁ???」というハテナが浮かび気になってしかたない。

だから、挨拶代わりにきいちゃった。「鍋焼きうどん食べましたか?」

みんな笑顔で答えてくれます「食べたよー。そんなに混んでなかったよ」

とか

「食べたよー。もうすぐだから頑張ってね」

とか

「食べたよー。けっこう人はいるけどそんなに待たないよ」

とか

・・・ホントだ みーんな食べるんだ すごい人気の鍋焼きうどん

うどん、、、うどん、、、おなかがすいたーーーー

 

「食べてないですよ!」若い男の子

いたーーーーーーーーーーーー!!!!

「塔の岳で、食べちゃったんですよねぇ。500円です。お安いです」

ムムム。食べてないけど。食べたんだ

 

「なに~ 500円て半額じゃん!きっと具無しだよ」

勝手にインタビューしておいて、ひどいいいよう(笑)

f:id:lucks555:20160421164556j:plain

 ついた!結構な数の人たちがいます。

リュックは小屋の外において、まとめて注文

f:id:lucks555:20160421164557j:plain

グツグツいいながらきたーぞ、具沢山の鍋焼きうどん。

何せ塔の岳の500円の倍する1,000円です(笑)

クー!このしょっぱさ 身体にしみわたる~

f:id:lucks555:20160421164558j:plain

そして、食後の後の軽いお昼寝♪

お天気がよければ、むこうに富士山も見えるはずなのですが

でも見えなくたって

バーット手足を開いて横になる瞬間が大好きです。

できればもっとゆっくりしていたい。

食後休憩のあと、今回はこのまま下山です。

 

下山は、山慣れしてる人とそうでない人の差が登りよりでちゃうと思っているのですが

どうやら、このグループは慣れてる方はさっさと行ってしまうようです。

我々は、これまたゆっくりとトークしながら下り無事下山。

f:id:lucks555:20160421164600j:plain

総勢9人のグループで行ったのですが、最初から最後までばらばらで、なぜに皆で一緒に行ったのか・・・

まあ、何人かの方と楽しくお話しながら登れました。

今回は、みんなの山力がバラバラで、相当ゆっくり登ったので、

私、もしかして結構体力あるじゃない~なんて嬉しい気持ちになれたのでした

 

【備忘録】

活動時間:6:47(8:40~16:40)

活動距離:16.77km
高低差 :1011m